心理学的恋愛タイプ

恋愛の形は6タイプに分類されるといいます

カナダの社会学者でジョン・アラン・リーという人がいます。
彼は多数の文学小説や人類の歴史、また哲学文献を調査研究した結果、
恋愛のタイプは大きく6つに分類されると主張しました。


第一はエロスな恋・美を求める愛
エロスとは、愛に極めて高い価値を置くものの、 愛に取り憑つかれるということはないという感覚のことを指します。 また、相手に対して望んでいる身体的特徴についてはかなり明確なイメージを持っています。そのため、相手の外見に強烈な反応を起こし、強いひとめぼれをします。
このタイプの特徴は、自尊心が高くて自分を包み隠すことはあまりないということです。また、パ?トナ?に対して全面的な関心を注ぐものの、高い自信があるゆえに、所有欲や嫉妬はほとんど生じません。


第二はルダスな恋・遊びの愛
恋愛をゲームとしてとらえて、楽しむことを大切にします。
交際相手に執着しません。
複数の相手と付き合いますが、いずれも距離をとって付き合うので本気にはなりません。あらゆる種のパ?トナ?を好みます。 このタイプの特徴は、抑制度が低くて、外交的、攻撃性が高いです。


第三はマニアな恋・取り憑かれた愛
恋人から関心と愛情を得たいと強く思うタイプです。
猛烈な嫉妬心や独占欲が起こり、愛されていることを何度も繰り返し確かめたがります。 また、恋愛について不安を抱くと、食欲低下や、不眠、悲哀を感じます。さらに、相手が他の異性と会話しただけで嫉妬することがあります。 このタイプは、高い防衛性と攻撃性、神経症的傾向や高い社会的承認欲があり、不安と葛藤と依存が同居しています。


第四はアガペな恋・愛他的愛
相手の利益だけ考え、自分自身を犠牲にすることもいとわず、自分を愛してくれることすら相手には求めないタイプです。 ジョン・リーいわく、調査した結果、このタイプにあてはまる者は現実には存在しないとのことです。


第五はプラグマな恋・現実主義的愛
愛に対し現実的にアプロ?チします。恋愛の出発点から適切な相手を選びます。
また、恋愛を地位上昇など、恋愛以外の目的を達成する手段であるとも考えています。そのため、相手を選択する際には、社会的な地位や釣り合いなど、様々な基準を立ててそれに合う人を選びます。 このタイプの特徴は、自立性が低く、秩序や社会的承認に対する欲求が高いと考えられています。とても現実的で実利を重視します。


第六はストゲな恋・友愛
穏やかで友情的な恋愛です。長い時間をかけて、ゆっくりと愛が育まれるタイプです。友人同士から始まるカップルに多いと言われ、気付かないうちに結ばれています。 このタイプの人は、人生の最大の目標は結婚をして良い家庭を築くことであると考えていて、互いに離れて暮らしていても問題はあまり生じないと言われています。それは長期的な約束と信頼がふたりの間にあるからです。また、例えふたりが別れても、親友関係としての関係はずっと続きます。


ジョン・リーは恋愛心理学の研究の中で、
「恋愛では、同じタイプの人と付き合うとうまくいく」
「違うタイプの異性と付き合ってもあまりうまくいかない」と主張しています。
ただ、これらのタイプは生きていく中で変化するものでもあり、また必ずしも同じタイプだからといってふたりが上手くいくとも限らないと思います。
自分の現在の状態や、気になる異性のタイプをおおまかに知る基準として参考にしてみてはいかがでしょうか。

このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する